Ninja250Rで東北ツーリングに行ってきました(仙台〜福島〜郡山〜白河)

<Ninja250rで行く長距離ツーリング12>

本日のルート



5/3(木)

■予報どおり・・・

今日はいつもより1時間以上遅く、6時に起床する。

外を見ると既に雨が降っているようで風もかなり強く吹いている。今日は猪苗代湖や磐梯山を回る予定だったが、この天候では到底無理。このまま仙台に滞在して市内観光をしても良かったが、今滞在しているホテルが既に空きがなかったことと、今日予約していた白河市のホテルをキャンセルするとキャンセル料が必要になるので、このまま福島に向かうことにする。

ツーリングで観光ができないのであれば朝早くから出掛けることもない。このホテルは確か朝食付きだったので、朝食を食べたあとにのんびり出発することにする。


写真ではわからないが、大雨が降っている


天気は最悪。福島は大雨洪水暴風波浪注意報が発令されている


■最悪のコンディション

朝御飯を食べたあと、合羽を羽織って9時過ぎにホテルを出発する。雨がますます酷くなり、風も強くなっているので高速で移動するのも諦める。この天候で高速移動して無事に走り抜く自信はない。

国道4号をひたすら南下する。走り始めてすぐに足の中が冷たくなってきた。ん?この靴は完全防水なのだが・・・と思いつつ、走り続けているとやはり足の中が濡れている。どうやら靴がヘタっていて、どこかに小さな隙間が空いているようだ。1時間もしないうちに両足とも靴下の中まで雨でびしょびしょになる。昨日は今日ほど雨が強くなかったので、足の中は大丈夫だったのだろう。

この時点で既に観光する気分にはなれず、とりあえず白河市まで頑張って目指すことにする。目的地までまだ150キロ近くある。

今度は下半身が冷たくなってきた。合羽を完全に羽織っているつもりだったのに、これもどこか隙間が空いていたのか、ズボンはもちろんパンツまでびしょびしょ。あ〜あ、ボクは一体何のために走っているのだろう。(涙)


■福島市で雨宿り

そのうちに福島市に入る。雨に濡れて寒い・・・。段々とトイレに行きたくなってきた。屋根があるトイレ付きの施設を探すがなかなか見つからず途方に暮れていたところ、カワチ薬品というドラッグストアで屋根付きの駐輪場を見つけたので、そこで一旦雨宿りする。合羽を脱いでタオルで服を拭いた後にトイレを借りて、ドラッグストアで靴下2足を購入しておく。(タオルは売っていなかった)

雨宿りをしているとき、雨足が少し収まってきた気がする。この調子だともしかして猪苗代湖に行けるかも!よし、猪苗代湖を目指すことにする。


雨が少しだけマシになった気がする・・・


■無謀だった・・・

スマートフォンナビで猪苗代湖に案内してもらう。国道4号から国道115号に分岐して、10キロ以上進んだところに登板車線が現れる。そのまま坂を登っていくと霧がすごくなって先がまったく見えなくなった。収まったと思った雨がまた酷くなったので、ここで先に進むことを断念。国道4号に引き返すことにする。無理して進んで最悪の事態にでもなったら目も充てられない。

国道4号に引き返している途中、今度はスマートフォンが突然停止する。電源がまったく入らなくなった!スマートフォンを見ると裏が完全に浸水していた。もしかして故障したのか。何度も電源ボタンを長押しするが、うんともすんとも反応しなくなってしまった。弱り目に祟り目とはこういうことをいうのか。そういえば今日のホテルの場所はスマートフォン頼りだった・・・。どうしようか。とりあえず白河市を目指そう。(-_-;)


■ようやく白河市へ

何時間走っただろうか。豪雨の中、福島市、郡山市を抜けてようやく白河市に入る。このとき、既に心身ともに疲れ切っていた。去年経験した北海道ツーリング2日目と同じぐらい辛かった。

今日予約していた白河市のホテルは何という名前だったっけ?思い出そうと頑張るが思い出せない。ここはやはりスマートフォンに頼るしかない。スマートフォンを取り出して、再び電源を入れてみるがやはり電源が入らない。本当に困った。

そういや予備の電池を持っていたな。確か電池は持ってきていたはず・・・、とカバンの中を探し回り、ようやく見つけた予備の電池に取り替えてスマートフォンの電源を入れてみたところ、見事スマートフォンが復活してくれた。助かった!


■宿泊先「ホテルプレザント白河」

スマートフォンで予約していたホテルを見つけ出してそこに向かう。ホテルに到着後、すぐさまチェックインして部屋に入った後はまず風呂を入れる。風呂に入った瞬間、今日1日の辛かった思い出が走馬灯のように駆け巡る。風呂から出たあとは脱いだ服を浴室に掛けて乾燥機を回しておく。こうすれば明日の朝までには多少は乾くだろう。靴はフロントから取ってきた新聞紙を何度も詰め替えて水を吸い取る。これで靴の中もかなりマシになるはずだ。


写真を撮影したのは18時過ぎ。実際に到着したのは16時。Ninjaを正面入り口に置かせていただいた


靴を乾かす方法として新聞紙を使うのは常套手段


■暖かい物が食べたい

風呂から出た後、段々と眠くなってきたので一眠りする。目が覚めると腹が減ってきた。今日は昼食を取る余裕がなかった。近くの飲食店で暖かいものが食べたい・・・、とスマートフォンで飲食店を調べると、ホテルのすぐ横にラーメン屋があることが判明。すぐにそこに向かうことにする。

雨はまだ降り続けている。雨足は未だに強いままだ。このまま明日も振り続けられると非常に困る。てるてる坊主を作って部屋に飾っておきたい気分だ。

ホテルを出てすぐ横のラーメン屋「菜華軒」に入る。ラーメン大盛と焼き飯を注文し、店内を見渡すと放射能測定器の無料レンタルのポスターが張ってあった。不謹慎だが福島に来た事を実感する。


放射能測定器はかなり高価なものと聞いている

5分ほどしてラーメンと焼き飯がテーブルの上に置かれる。ラーメンを食べてみると汁はウマかったが、麺は太麺のせいか味が染み込まずにもったいない気がした。(味が染み込めばもっとウマくなる気がする) 焼き飯は普通にウマかった。


とにかく暖かいものをガッツリと・・・


このあとはホテルに帰り寝支度をする。今日はまったく福島を観光できなくて残念な1日だった。どこかで福島リベンジツーリングすることを決意する。(このままでは引き下がれない)

さて、後は北九州に帰るのみ。といっても、この白河市から北九州市までは1200キロ以上の道のり。明日は高速でひたすら西に向かうがどこまで行けるかわからないので、疲れたら途中で宿を取るか、大阪からフェリーを使って帰る予定だ。

戻ります