Ninja250Rで四国ツーリングに行ってきました(2日目)

10/10(日)

本日のルート

4時に室内の照明が点灯し目が覚めます。眠い・・・。
昨日寝始めたのが24時過ぎなので当然です。

眠い眼をこすりながら昨日と同じくツーリングマップルをみて今日のルートを確認します。


フェリーの中の Ninja250R

5時にフェリーが松山に到着しました。バイク仲間と別れを惜しみつつ(夜にまた会うけど)朝風呂に入るために道後温泉に向かいます。周りはまだ暗いですが空をみると雲はまばらでとりあえず天気は大丈夫そうです。それに外は暑くも寒くもなくツーリングには最適な気温です。

フェリー乗り場から道後温泉本館へは20分で到着しました。本館には駐輪場があり、大型のバイクを置くこともできます。市街地でバイクを安心しておける箇所は少ないので、この点は評価できますね!

本館には既に朝風呂目当ての客が並んでいます。前に来たのは3年前。嫁さんと一緒に来たんですが、あの頃はバイクの免許すらもっていませんでした。嫁が実家に初めて挨拶に来たときに寄った想い出の場所です。(ちなみにボクは愛媛出身です)


6時前なのでまだ空は暗い

並んでいる客の大半は浴衣姿です。これは周りのホテルに宿泊している客が本館の朝風呂目当てに入りに来るためです。ホテルにも当然温泉がありますが、道後温泉というと本館があまりにも有名なので、わざわざ本館の風呂に入りに来るのです。というか、道後温泉=道後温泉本館と勘違いしている人がほとんどのような気がします。

本館でチケットを買います。前回は霊の湯に入ったので、今回は神の湯にします。お茶、菓子付で800円。最近のスーパー銭湯でもそのぐらいはするので良心的な値段でしょう。

6時になり道後温泉本館が開館すると一斉に客がなだれ込みます。その流れに乗ってボクと相棒も入館します。応部屋の指定席に案内され、説明を聞いた後に荷物を置いて浴衣に着替えて風呂に入ります。風呂は熱いですが、湯船に浸かると昨日の疲れが一気に取れていく感じです。(いかん、眠くなってきた・・・)

あまりに長湯すると今からのツーリングに影響が出るかも知れないので、湯船から早々に退散します。


長崎出身の相棒は道後温泉を知らなかったらしい

風呂を出ると御茶と御菓子が用意されて至福のひととき。このまま1時間ぐらい寝てしまいたい・・・、という気持ちをグッと抑え、元の戦闘服に着替えて、再びバイクに乗り込みます。

外は既に明るくなっていて国道33号線を快走します。風呂から出たところなので気持ちの良さは倍増。気分良く走っていましたが、途中の三坂峠から山を登っていくと凄まじい霧に襲われます。

霧で前がほとんど見えなくなる上に、寒くなって、さらに天気も悪くなって、辛い道のりが続きます。麓まで降りるとようやく辛さから解消され、ひとまず休憩。昨日免許取立ての相棒は意外と平気のようでかなり安心です。


峠を抜けたコンビニで朝食


オドメータがちょうど3000キロを突破

休憩後に再びバイクに乗り走っていると、途中でお遍路さんを見かけました。このときに四国に来たことを実感しました。1人で歩いている人が大半ですが、2、3人連れも見ました。将来歳を取ったらボクも同じように歩いているかもしれません。

休憩を何度か挟みながら高知市に入ったのは10時前です。最初は「はりまや橋」に向かいます。「はりまや橋」は有名な日本三大がっかりの名所。はりまや橋周辺にはバイクを駐輪できるところがなくて駐輪場を探すのに苦労しました。(結局は駐車禁止のところに駐車してしまいました)

橋は大勢の観光客で賑わっていました。がっかり名所とは言ってもガッカリ見たさに集まる天邪鬼も多いです。


知名度が高いのに橋は本当に小さいので初めて見た人はびっくり!

特にがっかりしたわけではありませんが、早々と「はりまや橋」を退散して次は高知城に向かいます。城の前は大勢の店で賑わっています。そう、今日は日曜日でした。有名な高知の日曜市です。

城の手前で休憩をしていると、Tシャツに「I Love 四国」と書かれた大勢の外人が自転車に乗ってやって来ました。城のガイドさんと話をしていましたが、今から足摺を目指すとの会話が聞こえてきました。自転車で足摺は遠いよなあ、と思わず呟いてしまいました。(バイクでも結構あるのに。もちろん途中で宿泊するよね?)


高知城の前にて。空は快晴で10月とは思えないくらい暑い

城の庭園で時間を確認すると12時近くになってきました。おっと、時間が押している!城観光も早々に切り上げて次の予定地の桂浜に向かいます。しかし昼になると暑い。後で確認すると最高気温は28度だったとのことで暑いはずです。

桂浜はなんとなく渋滞の予感はしていましたが、予感が的中し残り2キロでクルマが完全停止!クソ暑いのにクルマがまったく進まない。桂浜は前に一度来たことがあるので相棒がいなかったら多分引き返していましたが、折角なので相棒に桂浜を見せてやりたいと思い渋滞を我慢していると、他のバイク乗りが強引なすり抜けで前に進んでいきます。

マナー違反だな、と思いつつ、どうしようか悩んだ挙句にボクもすり抜けをすることにしました。後の予定は詰まっています。ここで無意味な時間を費やすのは馬鹿げています。

相棒は付いてこれるかな、と心配しつつクルマをゴボウ抜きしていきます。すり抜けするとあれよこれよという間に桂浜駐車場に到着!最後は「やっぱバイクの特権は最大に生かさねば!」と開き直ってしまいました。

天気がいいので桂浜の景色は最高です。竜馬像のあるところから見る砂浜は絶景!景色は鳥取砂丘以上かも知れません。


渋滞に巻き込まれてあまりに暑かったのでジャケットを脱ぎました


絶景かな絶景かな

桂浜を堪能して帰ろうとしたところ駐車場でなんと、フェリーで一緒だった方と出会いました。その方も松山から国道33号を使って高知に入ったとのことで、行きの霧の話で盛り上がりました。その後はお互いに無事を祈って別れました。 

桂浜に向かう道は大渋滞でしたが、逆の道はすこぶる空いていて途中で何度か道に停車し写真を撮りまくります。黒潮ラインの愛称がぴったりの快走路です。


太陽大好きNinja250R

黒潮ラインから須崎を抜けて国道56号線から県道41号線に入ります。目的地は四万十市(旧中村市)ですが、国道56号線経由だと少しも楽しくないので、ツーリングマップルのお勧めのルートの県道41号線から四万十川経由で中村に向かいます。

県道41号線に入ると急に道が狭くなり、さらに山の中に入るにつれて道が荒れていきます。ガードレールがなくなったり、枝や葉が大量に落ちていたり、道がガタガタになっていたり。ツーリングマップルでは県道41号線は快走路と書いていたんですが、どうみても快走できる道じゃないな、と不安になってきました。あとで相棒に聞くと結構楽しかったようですが、ボクは不安だらけです。

苦労の末ようやく山を抜けると、今度は標識のない分かれ道が多数あり、勘を頼りに走ります。しかし行けども行けども目的とする場所に辿り着けません。小さな集落に入ったり、田んぼの真ん中の道に出たりで、どうも違う道を進んでいるような気がする・・・。悩んでは戻ったり、戻っては進んだりの繰り返しで時間ばかり過ぎていきます。


どこから曲がればいいんだっけ?


う〜ん、わからなくなってきた・・・

途中、あまりに不安になったので相棒の携帯ナビで現在地を調べてもらうとまったく明後日の方向に進んでいることが判明しました。結局50キロ近く無駄足を食ってしまいました。このときバイクにもナビが欲しいと心底思いました。

ちなみにあとで道を調べると県道41号線は2つあることを知りました。多分、もう片方の道は快走路なんでしょう。ナビがあれば!

そんな感じだったので、ツーリングマップルおすすめの道はあきらめて、再び国道56号線に戻って四万十市に向かいました。相当悔しい!近いうちに必ずリベンジします。

そんな敗者(笑)が通る国道56号線は楽しくないと言いましたが、海岸沿いの道は素晴らしい景色でした。高知の太平洋沿いは島がまったくないので、とにかく一直線に海が伸びています。青い海と空が綺麗です。高知まで来た甲斐があります。


道に迷ったので正直ヘトヘト


遅くなった昼食はまたもやコンビニでフランクフルト!

四万十市に入ったのは夕方から夜になる前でした。宿泊予定のホテルに着いたときは既に日が完全に落ちていました。

ホテルの前にバイクを置こうとしたとき、他のバイクを見て疑問に思いました。このホテルで落ち合う予定だった昨日フェリーで会った方達がまだ来ていなかったからです。確か17時にはホテルに入るということでしたが、19時前になってもまだ到着していません。とりあえず電話連絡してみましたが応答なし。まだバイクで走っている最中かなと思い、あまりに気には留めませんでした。


ようやくホテルに着きました。フロントの前にバイクを置けるのは防犯的にも助かります

20分ほど待ってみましたが折り返しの連絡はなかったので、相棒と夕飯を食べに行きました。相棒はせっかく高知に来たので高知名物が食べたいと言い張ります。(ボクはすき家でもいいんですが、それじゃあんまりだ!と怒られました)

ホテルのすぐ近くに雰囲気の良い定食屋があったのでそこに決めました。「いちもん家」という店で、カツオのタタキ定食やタタキ風唐揚げ定食の味と量は抜群でした。食後のコーヒーもGOOD!。食べながら相棒と明日の予定を話し合います。ソロツーリングも楽しいですが、2人で来るツーリングはもっと楽しい!(なにせボクひとりだと完全にすき家でしょうから)相棒も初日からハードだったと思いますが、楽しんでくれているようでした。


かつおのたたき風から揚げ定食。ボリューム良し、味良し、値段よし! クリックすると定食の写真を表示します


かつおのたたき定食。ボリューム普通、味最高、値段よし!クリックすると定食の写真を表示します

夕食のあとはそれぞれの部屋に戻り、明日落ち合う時間を決めて早々に部屋に戻りました。睡眠不足の上、朝5時から19時まで走り回っていたので、かなり疲れていたようで風呂も入らないまま寝てしまいました。しかし最後まで折り返しの電話が来ませんでした。ちょっと心配です。

戻ります