Ninja250Rで大分・愛媛・山口ツーリングに行ってきました(2、3日目)

<Ninja250rで行く長距離ツーリング11>

3/18(日)

今日はFacebookで18年振りに連絡を取った地元の旧友2人との飲み会。
最近、Facebookを始めたのだが、(実際には昨年9月に登録していたが、具体的に活動を始めたのは今年に入ってから)そのおかげで旧友と再開することができた。

福岡に出て「なしのつぶて」だったボクに対して旧友2人が快く会ってくれたことに感謝!(こういった再開のチャンスを逃すと、より再開するのが難しくなる。せっかく2人とも時間を作ってくれたのだから、どんなことがあっても実家には帰る予定だった。普通、18年も経っていると色んな蟠りがあったりするのだが、そんなものを抜きにして気軽に会ってくれる人がホントの友達なんだと思う)

今まで地元を疎遠にしていたことも素直に反省。

Facebook(フェイスブック)は実名登録制のSNS(ソーシャルネットワークサービス)。誰でも簡単に参加できる。自分の情報を登録しておけば不特定多数から検索することができるため、自分を探して欲しい場合は極力情報を公開するほうがよいが、公開範囲を多くするとプライバシーの問題も出てくる。一般的に顔写真と実名と出身地ぐらいを公開しておけば十分かな。(友達になれば公開範囲を広げる設定も可能) 興味がある方は是非参加してみれば。ボクみたいに思わぬ旧友と再開できるかも!


3/19(月)

本日のルート



■実家を出発!

今日はおふくろが時間のある午前中に実家の用事を済ませて午後から松山に向けて出発する。

昨日のうちに実家(四国中央)から北九州に帰る際、ツーリングがてらどこに寄ろうか考えていたのだが、前に天候不良で中止になった山口県の周防大島を回ることにした。周防大島なら松山発〜柳井行(山口県)のフェリーを使えば簡単に行ける。

ただ今日は午後からの実家発なので、今日、周防大島を巡ることは難しい。フェリーで柳井に渡って明日巡るにしても、柳井で目ぼしいビジネスホテルが見当たらなかった為、今日は松山に留まり、明日の早朝に柳井に渡ることにした。

天気は曇り一時晴れ。午後、実家を出発して最初の目的地の「りんりんパーク」に到着する。りんりんパークといえば松山に行く際のトイレ休憩の場所として有名なところ。東予(新居浜周辺)の人間なら誰しも知っているところだと思う。

りんりんパーク名物の鯉の庭園も健在だったが、施設全体がすごく寂れていたのは時代の流れか。昔は輝いていたのに!


よく見ると「りんりんパーク」ではなく、「りんりんパークー」。画像をクリックするとみかんが表示されます

入り口前にみかんが売られていたが、外に丸出しのみかんの試食が気になった。
雨が降ったらやだな。


■道後温泉にて

今日は松山に宿泊する予定なので、とりあえず松山で観光できそうなところをピックアップする。が、定番中の定番の道後温泉と松山城しか思い浮かばかったので、とりあえず道後温泉に向かうことにした。道後温泉は確か駐輪場があったからバイクでも気軽に立ち寄れる。(126cc以上のバイクを街中に停めようとすると本当に大変!だからツーリングの場合は基本、市街地には訪れないようにしている)

道後温泉本館には難なく到着。駐輪場が満杯だったので、周りのバイクにならって道脇にNinjaを停めておく。平日なのに結構混んでいるね、と思いつつ本館の表に回ると、小学校や中学校の鼓笛隊が何かの曲を演奏していた。こんなイベントもあるのか。

最初、曲を聴いていたのだが、鼓笛隊はひっきりなしに入れ替わってくるので、温泉に入ろうにも入れない。20分ぐらい経過しただろうか、イベントが終了したときは既に温泉に入る意欲が削がれていた。


県警の鼓笛隊まで登場していた。結構大掛かりなイベントだった。

入湯は諦めたので次は松山城に行きたいが、Ninjaを停める場所に手間取りそうだ。だったら先にホテルにNinjaを置いて松山城に向かうほうが効率的な気がする。なので、松山城探索の前にスマホでホテル探しを開始する。(いつもの如く、ホテルは予約しないで出てきた。ホテルを先に予約しておくと不意のトラブルや、ホテルを中心としたプランになるのが嫌なので、ホテルが普通に空いている時期はホテルは直前まで予約しない)

松山城周辺でバイクが止めれそうなホテルは2箇所。そのうち、松山城に近い「ホテルチェックイン松山」を予約してホテルに向かう。


バイク駐車は有料で350円。クルマは800円なので妥当なところか。

ホテルは大街道商店街のすぐ横で思いっきり市街地。交通の便としては最高の場所だけど、治安が少し心配。チェックイン後、すぐに出発支度をして松山城に向かう。


■松山城へ

大街道を抜けて松山城に向かう。松山城は嫁と結婚する前に一緒に行って以来なので、かれこれ5年振りぐらい。この大街道を歩くのも5年振りだが、相変わらず道幅が広い。北九州小倉の商店街、魚町銀天街と比べると倍ぐらいあると思う。人の数は狭い分、魚町銀天街の方が多い気がするが、魚町は狭い中で人がごった返しているので、とても歩きにくい。

大街道を歩いていると、「押してください」のプラカードを持った年配の人が目に入る。自転車の事だと思うが、これだけ道幅が広いと、自転車に乗ったまま商店街を抜けようとする人もいるのだろう。魚町なら100%不可能だが。

大街道を抜けて松山城に向かうリフト乗り場に到着。松山城は高台にあるので歩いて登るとなると少しキツそうだ。ボクぐらいの歳になると、少しでも便利な方を選んでしまう。自分にとても弱いのだ!

リフト乗り場の手前に松山の土産物が展示されているブースを発見する。これも昔からあった気がする。松山って結構名物があるようだが、知らないものも結構多い。


画像をクリックすると拡大表示します。

リフトの券を購入してリフトに乗り込む。途中、桜らしき花が咲いていた。リフトでのんびり登っていると横のロープウェイが後ろから近づいてきてあっという間に追い抜いていった。リフトで時間をかけて登るほうが何倍も楽しいと思う。



松山城の城前に到着。天気はいまいちだが、ここで飲むポンジュースは格別。5年前と変わらず坊ちゃんとマドンナも立っていた。さすがに人は変わっていると思う。今の若い人は坊ちゃんを知っているのだろうか。


桜の時期になると相当素晴らしい景色になると思う

1人でずっと城を見ていると少し寂しくなってきた。今度は嫁と来よう。(また5年後ぐらいに)


■信州信濃の新そばよりも・・・で有名な「そば吉」へ

松山城探索を終えたら、腹が減ってきたので夕食は大街道にある「そば吉」へ。

そば吉は愛媛では頻繁にCMが流れているので、県内の人は大体知っていると思う。(今もCMが流れているのかは知らない) 愛媛県のチェーンそば店だが、店舗は松山にしかないのでCMは知っているけど、実際に食べたことがない人は多いのではないかと思う。

昔はそれほど美味いと思わなかった「そば吉」だが、改めて食べてみると意外に美味かった!この間、本場の信州で食べたそばより美味い。北九州にできたら毎週行ってもいいと思うぐらいの味だった。


画像をクリックすると拡大表示します。親子丼セットで930円。


■労研饅頭(ろうけんまんとう)

夕食後ホテルに入り、今日の行動をメモに記録しておく。途中、大街道で労研饅頭を買っていたので、さっそく食べてみた。昔、戦時中に食べられていたと思われる感じの蒸しパンで本当に素朴な味。よもぎこしあんも良かったが、チーズが美味しかった。チーズ饅頭は中に四角い小さい粒のチーズがいくつか入っていた。


画像をクリックすると拡大表示します。

ボクは愛媛出身だけど東予育ちなので、松山の事はあまり知らなかったが、5年前と今回松山を歩いたことでほんの少しだけ松山通になれた気がする。松山はまだまだ魅力があると思うので、次回来た時は二大観光地以外を回ろうと思う。

明日は早朝、三津浜港から柳井港(山口県)に向かい、柳井から周防大島を回って北九州に帰る予定だ。明日の天気予報は曇り一時晴れ。何とか晴れて欲しい。

戻ります