Ninja250Rで紀伊半島ツーリングに行ってきました(1日目)

12/27(月)


家出発〜フェリー乗り場
初日は新門司からフェリーで大阪に向かう。
フェリーの出航時間は17時半。午前中は家で荷物の最終チェックを行う。 衣服関係、電子機器関係、地図、工具など。荷物を入れすぎて シートバッグは既にいっぱいいっぱいだが、何とか準備をして早めに家を出発する。

バイクに乗ってすぐ運転姿勢が窮屈なことに気づいた。 荷物を詰めすぎたせいで後ろに余裕がないことが原因。 先月の鹿児島宮崎ツーリングと比べると倍ぐらい荷物が多いからなあ。 明日から長距離移動するので極力負担がかからないように考えないと。

小倉で渋滞に巻き込まれながら門司に到着したのは1時間後。 阪九フェリーの乗り場案内所に少し迷ったけど、何とか辿り着き 乗り場で手続きを行い、しばし出航まで待機。



フェリー乗り込み
フェリー乗り場で待機中、バスが待合室の目の前に停まり、大勢の高校生が 降りて来た。フェリーで一番嫌いな集団、それは高校生集団。 とにかくうるさいし礼儀知らずが多い。 小倉、松山行きのフェリーでもうっとおしかったが、今回は個室で2等室とは 通路が別なので前よりはマシだと思う。

そう、今回は2等指定A室という1人用の個室にした。 2等だけど個室というのが阪九フェリーの売りらしく、 安価でプライバシー空間を確保できる。個室だとフェリーに乗るのが この上なく楽しみ。



乗船待ちの間、船を確認すると結構な大きさ。 一応、12時間も航海する船だし、何よりフェリーの収益の大半はトラックの 運搬なんだろうから、大きくて当然か。



船に乗船し、部屋のカギをもらったあと部屋に入る。 内装はホームページで確認していたけど、実際に見ると本当にシンプル。 窓がなく、4,5畳ぐらいの広さにベッドとテレビ、洗面台を設置しているが、 12時間ぐらいの旅だとこれぐらいで十分。



しかも九州から関西に向かう便は12月でも割引が利くので、 バイク&大人1人で11,600円也。値段的にもベストプライス!

部屋のなかでツーリングマップルを広げ、明日のルートを確認する。 とりあえず奈良公園を目指し、そこから先は行き当たりばったりかな。

夕食
出航までフェリーを周っていると、先ほどの高校生の集団がすでにレストランで 食事をしている。レストランの利用は17時45分からと館内放送で流れていたが、 高校生集団が一般客に交じると邪魔になるので、先に食べているのだろう。

レストランが開放され、18時過ぎに利用してみた。 バイキング方式で品物を取って最後に精算する。 ボクが選んだ品はオムソバ500円、冷奴150円で合計650円。 フェリーの食事にしては味も良くて満足の選択だった。 しかし(お替り自由とはいえ)御飯150円、味噌汁150円というのは やや高いと感じた。でも売店も含め、他のフェリーよりかは全体的に良心的。



そういや最近、1人でも平気で外食できるようになってきた。 ソロツーリングに出るようになって、図々しさに輪がかかって・・・、 いや行動力がついてきたように思う。 将来世界一周するためには図々しさが何より大切(笑)

食後、菓子を買い込み、部屋の中でくつろぐ。 個室だと気兼ねなく過ごせるので本当に旅気分! 一度個室を味わうともう応部屋には戻れないね。



初日はこんな感じ。明日の天気に期待したい。

戻ります