帰省のついでに徳島旅行2009

2009年12月、実家の愛媛に帰省する際に徳島の大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)に遊びに行きました。目的は小便小僧に会いに行く、ただそれだけの理由です。

12月30日の夜、いつものように北九州折尾から高速道路で徳島に向かいます。下道でも長いですが、高速でも北九州から広島県まで入るのに結構時間がかかるため、途中SAで仮眠を取りながら徳島に向かいます。

実家が遠いと帰省のときは旅行気分です。

嫁さんと結婚して帰省には必ず車を使います。移動に時間はかかりますが、ガソリン代、高速道路代を合わせても新幹線の数分の一だし、寄りたいところに気軽に寄れるのもいいです。事故には気をつけないといけませんが、安全運転さえ守れば自動車というのは本当に便利な機械です。

休憩を続けてようやく香川県に入ります。




香川から徳島に向かう途中、井川屋という讃岐うどんの店で昼食休憩。
ここのうどんは腰が強くとてもうまかった!!










昼食後、大歩危・小歩危に向かう途中に田舎の自然を満喫しながら車でひたすら突き進みます。川の流れは早いが水は透き通っていました。





途中、ゲゲゲの鬼太郎でおなじみのコナキ爺の銅像を発見!そういやコナキ爺って徳島出身だということ知ってました?





その後、更に山を進み、ようやく小便小僧にたどり着きました。想像していた以上に道が狭く人通りも少なく、辺境の地に銅像がありました。写真撮影している間も誰一人来ない場所でした。







その後、大雨が降り嫁の運転は恐怖でしたが、無事に実家にたどり着きました。去年は大晦日、元旦とインフルエンザでえらい目に合いましたが、今年は体調ばっちりで正月を過ごせました。




戻ります