Ninja250Rで北海道ツーリングに行ってきました(5日目)

<Ninja250rで行く長距離ツーリング6>

本日のルート


5/3(火)

■予定を繰り上げて出発

朝、目が覚めて空を見ると曇り空。昨日の夕日は何だったんだ!そのために札幌まで戻ってきたんだぞ!と思いつつ、今日も朝からガッカリ。

しかしテレビで天気予報を確認すると、午前中に空は回復傾向との内容を聞いて一安心。縁起を担いで今日は合羽をバッグに封印する。あと3日、合羽の出番はない。これで終了。

昨日の疲れが溜まっているが今日は晴れるとの予想なので、相棒に無理を言い、出発予定時間7時を1時間近く繰り上げて6時10分にホテルを出発する。晴れであれば少しでも早く出発してツーリングしたい!それが本音。


本当に天気が回復するのかね?半信半疑


■ようやく晴れ間が

市街地をパスするため、道央自動車道の北広島ICから夕張に向かう。今日は札幌から夕張、十勝を経由し、さらに阿寒湖を経由して釧路に向かう。北広島ICから夕張ICに向かう途中、天気が段々回復してきた。相棒と2人、手を取り合って喜ぶ。天気の良いことにこんなに喜ぶのは35年生きてきて初めて。神は我々を見捨てなかったのでしょう。


何物にも代えがたい喜びがこのとき爆発!


道の駅「樹海ロード日高」にて

夕張ICを降り、下道で十勝に向かう。途中、道の駅「樹海ロード日高」の敷地内にあるセイコーマートで朝食用のおにぎりを購入。セイコーマートのおにぎりは、いつも暖かくておいしい。九州でもセイコーマートが出来ればいいのに。

道の駅でおにぎりを頬張りながら、この先にある日勝峠(にっしょうとうげ)情報を確認すると、路面凍結のため、夏タイヤ禁止!との表示が。

朝、ネットで日勝峠の情報を調べたときは何も規制がかかっていなかったのに、ここにきて、またもや雪にやられる。日勝峠からみる十勝平野は絶景らしく、それを見るためにせっかくここまで来たのに!


画面を見ている限り、無理すれば通過できそうだが・・・

昨日も半路面凍結の中、無理して帰ってきた、だから多少無理をしても峠を越えれるかな、と思いつつ、それでバイクがこけて怪我でもしたら、今回のツーリングの意味が本当になくなってしまう。ここはグッと堪えて、高速道路から十勝清水に抜けることを決断する。

日勝峠情報を確認している最中、いきなり50歳過ぎのおいちゃんに話しかけられた。

「福岡ナンバーのバイクは兄ちゃんたちね?福岡良いとこバイ!この間博多に行ったけど、本当にいいところやった!」と絶賛されまくり。地元を良く言われることに悪い気分はしない。「最近、博多駅にデパートも色々出来たよね?今年、日本ハム&ソフトバンクで優勝戦すればまた博多に行くから!」と、ノリの良い会話に付き合わされる。

ボクがソフトバンクが嫌いなことはこの際、伏せておこう(笑)


■占冠ICから十勝清水へ

日勝峠の峠越えを諦めて、高速道路で十勝に渡る。途中、反対車線の十勝から占冠に向かう道路は大渋滞。大渋滞をよそにこちら側は問題なく進む。天気が完全に回復して雲もほとんどなくなってきた。(^_^)v

トンネルを何度か抜けるとトマムが見えてきた。山には雪が残っているので、スキーヤーには最高だろう。ライダーにとっては最悪だが。

トマムを越えたトンネルの先で十勝平野が見えてきた。雪が残る山に快晴の空。白い山と青い空、緑の大地のコントラストに最大の興奮を覚える。すごい!素晴らしい景色!写真を撮りたいがここは高速。日勝峠に行けばこの景色が取れたんだと思うと、本当に残念だが、十勝清水ICで降りて景色を納められる場所を探してみることにした。

十勝清水ICのすぐ近くの休憩所でツーリングマップルを広げ、現在地の確認と目ぼしい展望台を探す。お、あった!近くに円山展望台という穴場の展望台が。国道から道道に入り、円山展望台を目指す。


■素晴らしい景色の数々


道道55号から見える景色は九州阿蘇に負けない素晴らしい景色。
こんなところに住んでいたら晴れたら毎日でも通りたい道路だろう。
グリーンのNinjaが草原と重なって最高に映える。


マフラーの汚れが気になるが、昨日の雪道を抜けてきた勲章ということで・・・

北海道は国道も道道もひたすら一直線の道が多い。九州の2倍ある面積に人口は福岡県より少し多いほど、そして明治以降に開拓された新しい土地ということもあるんだろう。本当にツーリングにもってこいなところ。北海道自体が九州の近くに移動してくれないかな。そうすれば毎週のようにツーリングに出掛けるのに。


何畑かは知らないが、土色が綺麗

一直線の道路、草原、平野と言葉でいくら言っても実際に走ってみないとこの想いは伝わらない。全国のライダーには是非とも北海道に訪れて欲しい。本当に素晴らしいところ。一昨日雨、昨日雪だっただけに1つ1つに感激する。


野良牛が道路を横断するらしい。Ninjaも牛には負けると思う


■帯広名物、豚丼


そんな感動的な景色を見納めて、再び阿寒湖に向けてNinjaを走らせる。途中、「ドライブインいとう」というところで遅い昼食にする。せっかくだから帯広名物の豚丼を注文。とろ〜り温泉たまご豚丼の2階建てにする。味は極めてうまし、ご飯にタレがよく染み込んでいて絶品!辛過ぎず、甘すぎず、素晴らしい味。


ご飯の下に更に豚肉が隠れている


■国道274号から国道241号へ

国道を乗り継ぎ、マリモで有名な阿寒湖に向かう。
国道と言ってもクルマはほとんど通らない田舎道が多い北海道。道は綺麗に舗装されていて、こちらもひたすら一直線の道に牧場、草原が広がる。道が痛んでいたのは最初の国道5号だけのようだ。

クルマがたまに後ろからグイグイ迫ってきて追い越しを図る。こちらもそれなりの速度で走っているのだが、それをもろともしない速さで抜いていく・・・。道がいいだけに北海道の人の運転は速度を出しすぎるようだ。飲酒運転ワースト1の福岡県が北海道みたいな道ばかりだったら、手の施しようがないぐらい事故が多いんだろうな。

ガソリンの給油ペースも早い。既に何回給油したかわからなくなってきた。


左半分は晴天、右半分は曇り空。雲のちょうど中間地点


■足寄湖から阿寒湖へ

道の駅「足寄湖」に立ち寄った後、阿寒湖に向けて走り出す。名寄は(なよろ)、足寄は(あしょろ)と読む。北海道は変わった地名が多い。音威子府(おといねっぷ)、占冠(しむかっぷ)、新冠(にいかっぷ)、屈斜路(くっしゃろ)など。アイヌ語をそのまま漢字にしたこともあり、当て字が多いらしい。

阿寒湖に到着したころ、空は完全に雲に覆われていた。温泉街にバイクを停めて土産物が並ぶ店に足を運んでみる。阿寒湖といえばマリモ。マリモといえばまりもっこり。嫁にこれを買っていくと嫌が・・・、いや喜ぶはずだ!(笑)


マリモ一色な土産店

土産は発送できると聞いたので、実家に簡単な土産を発送。こういうときじゃないと土産なんて買わないからいい機会。他は木彫りの店の「北のサンタ」というところで嫁にネームプレートを土産として購入。こちらは持参していくことにした。出来栄えはとてもGOOD! 下書きもなく直接木に文字を彫っていたようだが、そんなんであんな綺麗な字が書けるのは職人技だね。


■釧路へ

阿寒湖で写真も撮ったし、道の駅「阿寒丹頂の里」というところで休憩した後、道を走っているとNinjaのオドメーターが1万キロ目前なことに気づいたので、1万キロで写真撮影。昨年7月16日に走り始めてようやく1万キロ達成。走行距離としては多いような少ないような。月に2回しか出さないことを考えるとかなり走っているんだと思う。

その後、ようやく釧路市の宿泊先に到着。釧路プリンスホテルというところだが、その豪華さにびっくりした!ここ、本当に1泊4800円よね?部屋は禁煙15階(実際は13階。4と13がない)で、部屋から見る夜景は釧路市街を一望できる。


15階の部屋から景色を望む


■夕食はディナーバイキング

夕食はいつもの如く、相棒とホテル内にあるレストランへ。最上階17階の和食バイキングにしてみた。味も雰囲気も値段以上のもので大満足。北海道って基本的に値段以上の味を提供してくれるところなのか、ボクの選択肢が素晴らしいのかはよくわからないが、こっちに来て食事には本当に恵まれている。天気もこの調子で恵まれたいところだ。



食事をしながら、いつものように相棒と今日の出来事と明日の予定を決める。残り2日間も今日みたいな天気だったら・・・と思い、ウェザーニュースで明日の天気を確認すると、何と終日曇りになっているではないか!おいおい、朝まで晴れ一時曇りだったんじゃないんかい!気象庁もウェザーニュースも当日以外の天気予報は占いと大差ないな。北海道に来て尽く裏切られ続けている天気予報。的中率は40%以下という感じだ。

とにかく明日は晴れることを祈りたい。


戻ります