Ninja250Rで北海道ツーリングに行ってきました(2日目)

<Ninja250rで行く長距離ツーリング6>

本日のルート
舞鶴〜小樽はフェリーを利用しています


4/30(土)

■起床、朝風呂

朝、8時に起床する。日本海の天気は曇り。
フェリーは順調に進んでいるようで、能登半島の北を通過中のようだ。

船は言われてみれば揺れを感じる程度の小さいもので、ゆっくり寝ることができた。
おかげで昨日の移動の疲れは完全に取れているようだ。

相棒と雑談しつつ、備え付けのティーパックでお茶を注ぐ。
お茶を飲むと何となく腹が減ってきた。普段、朝食なんて食べないのに旅行に来ると朝食を食べたくなる病が発病したようだ。

売店に行こうと思った矢先、朝食の準備や風呂の支度が出来たとの知らせが館内放送で入る。昨日は入船後、風呂に入れず終いだったので、早速朝から風呂に入ってくることにした。

船内の風呂は大浴場で、曇りとはいえ、海を見下ろして入る風呂は絶景。
阪九フェリー(新門司〜泉大津)でも関西フェリー(小倉〜松山)でも風呂を利用したことはなかったので、フェリーで初めて経験する風呂に感激もひとしお。

でもお湯はどこから出ているのかが気になった。風呂は18時まで開放しているらしいが、とてつもない大量の水を予め溜め込んでいるのだろうか。う〜ん、気になる・・・。


ビデオルームやコインランドリーまで用意されていて船内はとても充実


■昼食

11時半になり、昼食を開始したのでこぞって来てくださいとの船内放送が入る。

風呂から出て相棒と雑談していたら朝食を食べる機会を失ってしまったので、昼にレストランに行ってみる。せっかくの旅行で食事代をケチるのは一番もったいない。
金はこういうときのために使うもの。
(といいつつ、そんなに吐き出せるほど溜め込んではいないけど)

レストラン入口でメニューを確認すると、昼はカフェテリア方式。朝はバイキング1000円なのに対し、昼食は選択式なので大半は朝食より安い値段。ケチるつもりはないけど、昼食利用で正解だったな。

メニューを見ながら何にしようか悩んだ挙句、本州では見かけないタラコ丼を注文。650円と安価ながら味はGOOD。650円ならそこら辺の定食屋より安いんじゃない?フェリーの食事は高くて不味いイメージが先行するけど、最近はかなり改善されているようだ。相棒はスープカレーを注文。


タラコ丼。味噌汁、お新香付き


■午後のひととき

昼食後は売店でおやつを買ってきたり、テレビを観たりと普段雨の日の休日の過ごし方と同じことでダラダラと時間を潰す。一等部屋だから誰に気兼ねするわけでもなくチャンネルも変更できるし、ノートパソコンで旅の記録を残すこともできるし、一等は値段以上の価値があることがわかった。

たまにエントランスに出てみると、共用のスペースは二等客や寝台客とおぼしき人たちに完全に占領されており、椅子に座ってのんびりと景色をみれる雰囲気ではない。一等以上は自分の部屋で過ごせばいいだけなんだけど、何となく寂しい気がした。

エントランスのテレビで現在地を確認すると、14時半の時点で既に北海道圏内に入っている様子。道内に入っても小樽まであと6時間もかかる事を考えると、北海道は本当に広いことを改めて認識する。

その後も相棒と二人で適当に時間を潰す。ツーリングマップルで明日の小樽からのルートを確認したり、テーブルゲームで遊んだり。


フェリーの図がでか過ぎて、正確な場所がわからない


■フェリーが小樽に到着

19時過ぎ、館内放送で小樽到着1時間前の放送が流れる。オートバイはクルマの後に出してください、との事なので、ゆっくりと出発準備をする。今日はNinjaにまったく乗れていないのでなんか物足りなかった。明日はガンガン走ってやるぞ。

この辺りでようやく携帯の電波が受信できるようになる。会社の携帯からはトラブルの着信がないことが確認でき一安心。(トラぶっても行けないが)

スマホで現在地を確認しようとしたら、嫁や実家のお袋からメールが届いてた。道中気をつけなさいとの事だったが、バイクで北海道だと本人の楽しさの反面、親族から見ると心配でもあるんだろうな。もし将来、子供がバイクに乗るとか、北海道にツーリングに行ってくる、なんて事を言われた日には心配でならんな。俺はいいけどお前はダメ!なんて言える立場じゃないが。

準備後、荷物をバイクがあるところまで運んで荷造りをするが、となりのバイクとの間隔がきつ過ぎて慎重に荷造りする。(他のバイクを傷付けたらいかんし) 入るときはあまり気にしなかったが、ここまで詰め詰めでバイクを置かれるとちょっとしんどい。バイクは順に出してもらわないと出し切らないぞ。


すし詰めという言葉がふさわしい。小樽だけにすし詰め?


■下船後、小樽の街へ

ハッチが開き、クルマの後にバイクが次々と出発する。Ninjaと相棒のVTRも下船。35年生きてきて初めて北海道の地に足を踏み入れた!とりあえず今日泊まるホテルに向けて進むが、いきなり道に迷ったので得意のスマホで現在地とホテルの位置を確認。現在地を見ると確かに北海道にいる!(当たり前) 本当にこんな北の地までやってきたんだなと、しみじみ実感。(どんなに感動してるんだ、と思うけど、今まで憧れの地だったものでね)

何とかホテルに到着できチェックインする。今日宿泊するホテルは「ビジネスホテル稲穂」という安い宿泊施設だが、部屋は値段相応。でも今日は寝るだけだからそれで十分。バイクをフロント前におかせてくれたり、受付のおじちゃんは愛想が良かったりで応対はバッチリ!

チェックイン後、相棒と小樽の街に繰り出す。夕飯を食べていないので腹が減った。ホテルは小樽駅のすぐ近くなので、駅周辺で何かないか探してみたが、目ぼしき店はほぼ閉まっている。小樽周辺は22時を過ぎたら寂しくなることは駅の時刻表を見て気づいた。

結局、初日はローソンのおにぎりが夕飯。北海道初の夕飯がコンビニおにぎりと少し寂しい祝いだったが、明日からまた豪勢に行けばいいや!

明日は小樽から稚内に北上する。とりあえず最初は日本最北端の宗谷岬に行ってみたい。天気は予想で雨。当初出てくるときは雲一時雨の予報だったが、本格的に雨になりそうで少しゲンナリだが、メインは宗谷岬に行くことなので、まあいいか。それに3日から天気が完全に回復するようだし、メインは道東巡りなので。

夜、街を歩いていたら小樽が意外に暖かいことに気づいた。昨日の舞鶴より暖かいぐらい。このとき、「北海道の寒さは意外に大したことがないかもね」、と相棒と口を揃えたが、そのことは完全な誤りだったことは後に気づく。


小樽駅前にて。22時を過ぎると明かりが消えていく・・・


戻ります