Ninja250Rで北海道ツーリングに行ってきました(プロローグ)

<Ninja250rで行く長距離ツーリング6>
昨年から予定していた2011年ゴールデンウィークの北海道ツーリング。
3月に東北大震災が起きたときに北海道ツーリングをどうしようか悩んだのですが、せっかく計画してきたし、旅行すれば経済効果にも貢献できるし・・・、 ということで予定通り計画を進めることにしました。

北海道は35年生きてきて足を踏み入れたことがない土地。
西日本で生まれ育ち、現住所が北九州のボクにとって北海道は憧れの土地です。
ですので、北海道ツーリングは念入りに計画しました。

北海道で行きたいところ
宗谷岬、屈斜路湖、摩周湖、開陽台、層雲峡(主に道東になります)




出発までに立ちはだかった壁

  1. 長期休暇
    北九州から北海道に行くには京都府舞鶴港から出航するフェリーに乗船するのが一番ベターな選択ですが、フェリーは時間がかかるので その分、長期休暇が必要になります。仕事に支障が出ないように事前の代休・休日出勤で業務をある程度カバーしました。 休みは4/29(金)〜5/8(日)の10日間です。

  2. Ninja250R不調
    4月初めのプチツーリングからNinja250Rに異音が。 前輪からカラカラカラカラ・・・という不思議な音がし、 とても不愉快な状態が続いていたため、点検も兼ねて急遽バイク屋に入院させました。 原因が判明し、退院後は特に問題なく走れていますが、途中で再発しないか心配です。

  3. 天気
    予定日に近くなると週間天気予報を喰い入るように確認。 北海道上陸の5/1、5/2は雨で5/3以降は晴れ。 5/2まで雨のとき、5/3以降も雨の予報だったらツーリングを中止しようと決めてましたが、 後半は天気が持ち直し安心しましたが、その後天気が悪化しないか心配です。

  4. ETC割引
    東北大震災の影響もあり2011年4月以降の高速割引がどうなるかドキドキでした。 北九州から舞鶴まで通常料金で走ると片道1万円以上! 休日特別割引なら千円と1/10の値段。 その後、6月末までは現状通りになったので高速道路自走で決めました。


今回ツーリングに向けて用意したもの

  1. スマートフォン
    今回のツーリングの助けになるものとして是が非でも用意したのはスマートフォンです。 スマートフォンの最大のメリットはGPS+Googleマップを使えること。 バイクのナビは一般的ではないため、ツーリング中に道に迷うことは多々あるのですが、 スマホがあると大きな助けになります。もちろんナビとしても使用可能です。 機種はauのIS05(Android2.2)です。

  2. ロードサービス
    もうひとつはJBRのロードサービスです。 レッカー移動の距離無制限で年間9,800円です。 北海道は広大です。途中で何らかのトラブルが発生したときに自走できなくなると 手の施しようがなくなるため、念のため加入しました。


今回は7泊9日の旅です。相棒ミスターエスと2人旅です。
予定ルートは次のようになります。

 4/29(金) 北九州、舞鶴(北九州都市高速、中国自動車道、舞鶴若狭自動車道)
 4/30(土) 舞鶴、小樽(新日本海フェリー)
 5/1(日) 小樽、留萌、稚内
 5/2(月) 稚内、宗谷岬、網走
 5/3(火) 網走、屈斜路湖、摩周湖、開陽台、釧路
 5/4(水) 釧路、層雲峡、旭川
 5/5(木) 旭川、富良野、苫小牧東
 5/6(金) 苫小牧東、敦賀(新日本海フェリー)
 5/7(土) 敦賀、北九州(舞鶴若狭自動車道、中国自動車道、北九州都市高速)


道中のNinja250Rはこんな感じです

2011年5月3日(火)、十勝平野にて

戻ります